2016年03月29日

PMIから証明書とピンバッジが届いたよ

会社に証明書が届きました!
cert.JPG

家にピンバッジが届きました!
ping.png

大事にしまっておきます。

これから関わるプロジェクトは、PMBOKを意識して実施することになるので、少しでも「プロジェクトの成功」へ近づけられれば良いなぁ。って考えています。

あとは、3年ごとの更新を忘れないこと。。。
posted by shiojari at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月12日

PMP試験合格!

PMP試験合格した!

っていうことで、PMP試験です。

■テキスト等
いろいろ参考書を購入しましたが、自分が最終的に役に立ったのは、以下の本です。

1.PMBOKガイド第5版←これは、基本中の基本のテキストです。
2.PMP試験合格虎の巻 第5版対応版 (PMP試験対策)←これも定番らしいですね。
3.PMBOK問題集 第5版対応 (PMP試験対策)←サクサク解ける

■参考サイト
こちらのサイトは参考になりました。

■自分はどうしたか
2014年12月、会社から取得してって言われた
2015年2月、8月、会社がPMP用の講習会を受けさせてくれた。これで、受験に必要な35PDUが揃った。このときPMBOKガイドを購入させられる。

2015年9月、いろいろ参考書を揃える。ネットでPMP試験合格率60パーセント前後と知る。
2015年10月、PMBOKガイドを読むも、頭に入っていかない、理解度30パーセントくらい。
2015年11月、進捗無し

2015年12月、進捗が芳しくないため、急遽試験対策講座を申し込む。自分は、こちらのPMP試験対策とPMP試験対策完成編を受講しました。料金は、パッケージ料金で申し込むと合格まで再受講無料という物だったので、自信の無い自分には持って来いでした。
受講料金は、会社が負担してくれたのでラッキーでした。(これで落ちたら、、、というプレッシャーはあった)
他の受講生は、一度PMP試験不合格になってから受講する人が多かったです。
合格虎の巻を3回も読んだけど受からなかったというのを聞いてビビる!
一方、ネットでは、合格虎の巻3回やれば大丈夫!っていう情報も、、
一方、合格虎の巻に慣れすぎても、、っていう情報も、、、
なので、基本に戻って、PMBOKガイドを精読することを決意!

PMP試験対策受講後の模試で、理解度50パーセント!
PMP試験対策完成編受講後の模試で、理解度60パーセント!
この試験対策を受講するまで、30〜40パーセントだった理解度が飛躍的に上がったので受けて良かったです。


2016年1月、PMBOKガイドを熟読する。以前に比べて理解しながら読める!
2016年1月下旬から、東京移動中に、PMBOK問題集 第5版対応 (PMP試験対策)を実施する
この本は比較的基本的なことが出題されているため、サクサク解けて気分が良いですw
70〜80パーセントの正解率

2016年2月、PMP受験を申し込む
こちらを参考にして、PMI会員になって申し込んだ方が受験料安いので、PMI会員になりました。(会員特典であるPMBOKガイドのPDF版欲しいし!)
受験申し込むに当たって、PMI日本支部のPDFが参考になりました。
(PMI日本支部会員にはなりませんでした。)
英語で、4500時間分の経験をプロジェクト毎に500文字で記載するっていうのでビビっていたのですが、PMI日本支部に記載されているのを参考にしました。
(文字数稼ぐために、PROCESSINGを多用しましたが、、)
で、高い高い受験料をカードで支払う。(合格したら受験料は会社が支払ってくれます)受験日を3月11日(金)に設定しました。

2016年2月-3月、引き続きPMBOKガイドを熟読、アーンドバリュー関連等の計算問題を徹底的にやる(PMBOKガイドPDF版をスマホに入れていつでも見られるようにした。)

2016年3月9日、東京出張でした。試験日変更は48時間前まで可能なんだよなぁ、、って考えつつも、ま、ダメ元でも受けるかっ的な、、
同日、打ち合わせ終了後、東京のオフィスで、勉強。ここで、初めて、合格虎の巻を開いて巻末の模試を実施。正答率50パーセント台!!焦るw
不正解だったところを見直す。

2016年3月10日、有給休暇。東京のオフィスで9時-21時まで勉強!
合格虎の巻の章末問題をこなし、不正解だった部分を見直す。
再度、巻末の模試を実施し、正答率67パーセント。

2016日3月11日、受験当日、13時半試験開始予定。試験は4時間の長丁場。
試験はPCによるオンラインテストのため、終了直後に合否が分かる!
61パーセントの正答率で合格。

試験会場はお茶の水、10頃着いて、近所のエクセルシオールで復習しつつ時間つぶす。12時過ぎ試験会場入り。待機室では、
午前組の人がお昼休憩してたり、早めに試験終わった人が出てくる。
そのうちの一人は、落胆した顔して、、会場出てきて早々テキストを開く、、
その光景にビビる!
午後試験組の人は、合格虎の巻を見てる
13時前に、準備できていたらどうぞと係員がいう。自分の前の人は13時半開始にこだわってるみたい。自分はサッサと終わらせたいからサッサと試験室に入る。
試験室に入る前に、持ち物(財布も時計も筆記用具も財布も)は全てロッカーで、試験室に持ち込めるのは、ロッカーの鍵と身分証だけ。

試験問題200問を解いたところで3時間経過。
見直し途中で時間切れ。
採点結果がすぐ出ないでアンケート画面に移ったので、「不合格」か、、と思ったんだけど、アンケートの後にコングラチュレーション!って出たのでうれしかった!!

■試験後の感想とか
他のWEBサイトで合格者の情報を参考にすると、途中で休憩取った人が多そうですが、自分はそのまま休憩取らずに4時間続行できました。
ただし、試験室でて、精根尽きました。。。
っていうのも、演習問題や模試とは、全く違う雰囲気の問題でした。
最初の数問で全く手応えを感じず、今までの勉強や受験対策は何だったのか!って思えるほどでした。
なんだろう、、PMBOKガイドの暗記を問う内容は少なくて、プロマネとしての姿勢や考え方がやたらと問われた気がしました。

もしかしたら、巷でいわれている日本語訳が変だったのかも。。

こんなタフな試験を再受験しなくて良かったです。

受験勉強目安時間ですが、巷では100時間から150時間と言われています。
自分は、試験対策講座で35時間、3月9日-10日で19時間、PMBOKガイドを熟読するのに20-30時間、新幹線で勉強2時間を5回くらい?は、把握してるので、100時間程度というのは妥当だなということが分かりました。
posted by shiojari at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録